いつまでも若々しく暮らすために

ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が失効してしまっ後に売られ、新薬とまったく同じ成分で負担分が少ない(クスリの価格の安価な)後発医薬品そのものです。

高血圧(hypertension)が長引くと、身体中の血管に大きな負荷がかかった挙句、身体中の色々な場所の血管にトラブルが生じて、合併症になる確率が高くなるのです。

肥満の状態というのは勿論食事の栄養バランスや運動不足が因子になっていますが、内容量の変わらないごはんだったとしても、かきこむように食べ終わる早食いを日常化することで脂肪過多に陥っている肥満の状態を招く恐れがあります。

常識で考えると骨折に至らない位のごく僅かな圧力でも、骨のある定まった部分だけに複数回にわたりひっきりなしにかかることにより、骨折が生じてしまうことがあるので気を付けましょう。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する長期間に及ぶ追跡調査のデータによると、体の大きな成人よりも未成年のほうが拡散した放射能の悪影響をよく受けることが明らかになります。

毎日のようにゴロンと横向きのままでテレビ画面を眺めていたり、長時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴等をよく履いたりといった習慣的なことは体の上下左右の均衡を悪くしてしまう主因になります。

ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が失われた後に市場に出回って、新薬と同一の成分で金銭的な自己負担が小さくて済む(薬の価格が少額の)後発医薬品のことを指します。